「みらい鉄道」の版間の差分

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
31行目: 31行目:
  
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
みらい鉄道は、[[美野県]][[根本市]]の[[根本駅]]を中心に[[上永県]][[伊佐上郡]]、美野県[[和花市]]、[[由良市]]に至る鉄道路線を運営している。また[[上永旅客鐵道]][[上永旅客鐵道五金線|五金線]]、[[上永旅客鐵道静越西線|静越西]]・[[上永旅客鐵道静越東線|東線]]、[[上永旅客鐵道上永線|上永線]]、[[水音鉄道]][[水音鉄道水音本線|水音本線]]、[[日ノ本帝国鉄道]][[日ノ本帝国鉄道御一夜線|御一夜線]]、[[真島急行電鉄]][[真島急行電鉄矢前線|矢前線]]、[[海咲地下鉄]][[海咲地下鉄海岸線|海岸線]]と[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E9%80%9A%E9%81%8B%E8%BB%A2 相互直通運転]を実施しており(後述)、[[上永県]]を介して[[水音県]]まで乗り入れる超ロングラン列車が存在する。
+
みらい鉄道は、[[美野県]][[根本市]]の[[根本駅]]を中心に[[上永県]][[伊佐上郡]]、美野県[[和花市]]、[[由良市]]に至る鉄道路線を運営している。また[[上永旅客鐵道]][[上永旅客鐵道五金線|五金線]]、[[上永旅客鐵道静越西線|静越西]]・[[上永旅客鐵道静越東線|東線]]、[[上永旅客鐵道上永線|上永線]]、[[水音鉄道]][[水音鉄道水音本線|水音本線]]、[[日ノ本帝国鉄道]][[日ノ本帝国鉄道御一夜線|御一夜線]]、[[真島急行電鉄]][[真島急行電鉄矢前線|矢前線]]、[[海咲地下鉄]][[海咲地下鉄海岸線|海岸線]]と[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E9%80%9A%E9%81%8B%E8%BB%A2 相互直通運転]を実施しており(後述)、[[上永県]]を介して[[水音県]]まで乗り入れる超ロングラン列車が存在する。<br>
 +
みらい鉄道では駅舎のある駅全てと、一部の車両に、Mitetsu-Free-WiFiというフリーWiFiを設置している。
 
[[み鉄グループ]]としてバスを含めた交通事業のほか、グループ各社で連携して不動産事業や小売店事業なども展開する。代表的なものとして傘下のコンビニエンスストア「[[Mi-store]]」はみ鉄の主要各駅に出店するほか、一般的なロードサイド店舗も多数展開しておりその知名度は高い。
 
[[み鉄グループ]]としてバスを含めた交通事業のほか、グループ各社で連携して不動産事業や小売店事業なども展開する。代表的なものとして傘下のコンビニエンスストア「[[Mi-store]]」はみ鉄の主要各駅に出店するほか、一般的なロードサイド店舗も多数展開しておりその知名度は高い。
  

2019年9月25日 (水) 17:04時点における版

みらい鉄道株式会社(みらいてつどう、英: Mirai Railway Company)は、美野県上永県西部で鉄道路線を経営する準大手私鉄である。み鉄グループの中核企業であり、み鉄(みてつ)と略称する。
永遠の黒字企業」を自称しており、実際に設立以来赤字の計上がない。企業コンセプトは「毎日の、小さな旅を、素敵なものに。」。
傘下にバス事業(み鉄バス)、船舶事業(未來汽船)、コンビニエンスストアMi-store、不動産事業、書店などを有する。

Mirai Railway Company みらい鉄道株式会社
ロゴ
種類 株式会社
略称 み鉄
本社 美野県根本市六年町1-1
設立 1954年2月17日
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業 他
代表者 代表取締役社長
塩街 未來
資本金
決算期 3月31日
主要子会社 み鉄バスMi-Storeなど
詳しくはみ鉄グループ参照。
外部リンク MiraiRailwayCompany

概要

みらい鉄道は、美野県根本市根本駅を中心に上永県伊佐上郡、美野県和花市由良市に至る鉄道路線を運営している。また上永旅客鐵道五金線静越西東線上永線水音鉄道水音本線日ノ本帝国鉄道御一夜線真島急行電鉄矢前線海咲地下鉄海岸線相互直通運転を実施しており(後述)、上永県を介して水音県まで乗り入れる超ロングラン列車が存在する。
みらい鉄道では駅舎のある駅全てと、一部の車両に、Mitetsu-Free-WiFiというフリーWiFiを設置している。 み鉄グループとしてバスを含めた交通事業のほか、グループ各社で連携して不動産事業や小売店事業なども展開する。代表的なものとして傘下のコンビニエンスストア「Mi-store」はみ鉄の主要各駅に出店するほか、一般的なロードサイド店舗も多数展開しておりその知名度は高い。

社名

かつて「みらい鉄道」は公式通称であり、登記上の社名は「未來高速電気鉄道」であった。1970年代前半までは路線図などの資料でも正式な社名が使用されていたが、1974年ごろに当時の社長が中心となって推し進めたイメージアップ戦略によって「柔らかなイメージがあり、かつ分かりやすい名前」として公式通称に採用。その後1987年にコーポレートアイデンティティの一環として正式な社名も変更された経緯を持つ。

路線

運行体制

上永旅客鐵道五金線静越西東線上永線水音鉄道水音本線日ノ本帝国鉄道御一夜線真島急行電鉄矢前線海咲地下鉄海岸線と相互直通運転を実施している。 このうち水音鉄道への乗り入れに関しては、水音本線の乗入規格に対応するため19m3扉のM03系列が使用される。