中央線 (JMR)

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
中央線
基本情報
所在地中坂県開島県七島県浦本県
起点中坂駅
終点本浦本駅
所有者箱日本旅客鉄道
運営者箱日本旅客鉄道
使用車両115系など
路線諸元
軌間1067mm
線路数複線(一部単線)
複線区間ほぼ全線
電化区間全線
電化方式直流1500V架空電車線方式
閉塞方式自動閉塞
最高速度100km/h


中央線(ちゅうおうせん)は、中坂県中坂市東橋駅から開島県七島県を横断し浦本県浦本市本浦本駅までを結ぶ箱日本旅客鉄道(JMR)の鉄道路線(幹線)である。そのほか貨物支線を持つ。
東橋駅 - 六田駅間は桐立線電車が直通しており、運転系統上線路を共有する形となっている。この区間の運行については「桐立線」も参照のこと。


概要

中央線は、関南中央環状線を形成する路線群の内の一つで、開島県七島県西部、浦本県を走行する唯一のJMR路線である。開島県内は常総急行と競合しているが、特急列車を中心に直通運転も行っている。
桐立線の乗り入れる六田駅を境に運行形態や沿線状況は大きく変わる。東橋駅 - 六田駅間は桐立線が乗り入れ、南海道本線のバイパス的役割を果たす。旅客列車も桐立線直通列車が中心で、中央線全通列車は少ない。一方六田駅以西は地域輸送と貨物列車が中心となる。

路線データ

  • 管轄・路線距離(営業キロ):
    • 箱日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者)
      • 東橋駅 - 本浦本駅間
      • 南浦本信号所 - 浦本貨物駅間
    • 箱日本貨物鉄道(第二種鉄道事業者)
      • 東橋駅 - 浦本貨物駅間
  • 軌間:1,067 mm
  • 駅数:いっぱい
  • 旅客駅:いっぱい(起終点駅含む)
  • 貨物駅:いっぱい(旅客併設駅のぞく)
  • 複線・単線区間
    • 複線
      • 東橋駅 - 南浦本信号所
    • 単線
      • 南浦本信号所 - 本浦本駅
  • 電化区間:全線直流1,500V

運行形態

優等列車

現在のところ定期臨時ともに夜行列車の設定は無く、昼行特急1系統のみが運行されている。

普通列車

運転系統は桐立線と合流する六田駅を境にズタボロになっているが、上下とも1時間ごとに1筋の光が見える。

中央線普通電車

区間によって通勤通学需要の方向や量がバラバラのため、途中駅止まりの列車が多く全線走破列車はそう多くない。
中坂駅 - 六田駅間は1時間に1本程度が運行され、桐立線電車の快速と同じ停車駅に停車する。この区間を運行する列車は全て六田駅以西に直通する。
六田駅 - 丸江津駅間の開島県内は爆発・・? 情報集めろ。ただし泣川方面からの列車は1/3ほどが丸江津駅で折り返し、さらに1/3が本浦本方面に直通。そして残りは丸江津駅から鳥丘急行鳥丘北線に直通する。
丸江津駅 - 本浦本駅間は倉太急行電鉄との共用区間となり、中央線列車は少なくなる。

桐立線快速

桐立線各駅停車

使用車両

現用車両

中央線では、以下の車両が使用されている。

優等列車

普通列車

箱日本旅客鉄道

過去の使用車両

  • 電車

歴史

  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により、全区間を箱日本旅客鉄道が承継。日本貨物鉄道が第二種鉄道事業者となる

国鉄が解体され、居間に至る。


駅一覧

  • 停車駅凡例・・・●:停車、|:通過
駅名 営業キロ
接続路線 所在地
駅間 累計
東橋駅 箱日本旅客鉄道:中坂環状線 中坂県 中坂市
-- --
六田駅 箱日本旅客鉄道:桐立線 六田市
--




--
開島県 --
箕崎駅
-- --
泣川駅 箱日本旅客鉄道:関南新幹線
常総急行:常総本線
-- --
西市駅
-- --
七島県 --
丸江津駅 鳥丘急行鳥丘北線
丸箱鉄道白峰線 
丸子市
智美丸子駅 倉太急行電鉄烏倉線
佐々江駅 佐々江町
本浦本駅 丹浦鉄道箱北本線 浦本県 浦本市

脚注