利用者:S7

提供: 関南・東山地方Wiki
2021年2月17日 (水) 00:02時点におけるS7 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

正体が広く知られていないため大きく分けて二つの憶測が語られている。

①古くから東箱日本地方の一部地域にて言い伝えられている怪異の一種である。  年に一度の祭事があった日の夜に現れるとされ、その姿を見たものは記憶喪失や精神錯乱状態に陥るといわれている。また、「コイトゴシック」という言葉を発すると祭事の夜でなくとも呼び寄せてしまうとされ、その地域では禁忌とされている。  しかし現代では非科学的現象を迷信と捉える風潮にあり、意識をせず「コイトゴシック」と発したLED職人が精神汚染に遭っている、という噂がインターネット掲示板の怖い話スレ、通称「洒落怖スレ」にて投稿されている。

②開島県にて鉄道事業を運営する常総急行の代表取締役でありながら、開島県全体を裏で牛耳っているといわれる正体不明の人物である。  世間で飛び交う噂では、「心臓が上下逆である」とか「カモを恐れる」とか「六角レンチがないと靴を脱げない」とか、謎だらけの人物である。