北陽本線

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

北陽本線(ほくようほんせん)は、鯵津県鯵津駅から不明他県の酒留駅間までを結ぶ東山旅客鉄道(JMR東山)、透羽崎鉄道鉄道路線幹線)であります。知らんけど。

概要

鯵津県のメインターミナル[要出典]である鯵津駅から北進して東山地方北部を横断。北上県神谷市神谷駅、同県西萩坂郡釜室町北陽釜室駅を経由し、南進して酒留駅に至る。
六合塚駅 - 片桐駅間にはJMR神谷線の愛称がついており、旅客営業規則の定めるところの「神谷近郊区間」、およびIC乗車カード「nanICa」のエリアに含まれている。

路線データ

  • 軌間:1067mm
  • 駅数:いっぱい(起終点駅含む
  • 旅客駅:いっぱい
  • 貨物駅:いっぱい
  • 複線区間:
  • 複々線:六合塚駅 - 霜月駅間
  • 複線:鯵津駅 - 酒留駅間[1]

運行形態

いっぱい電車が走っている。

優等列車

北陽本線には優等列車として以下の列車が運転されている。

地域輸送

鯵津駅 - (鯵津県境)駅間

透羽崎鉄道管内なので味さんに任せている。

六合塚駅 - 片桐駅間

ここ見て→JMR神谷線

使用車両

現用車両

優等列車

  • 電車
    • 583系
      • 寝台特急「つくよみ」で使用されている。
    • 287系(1000番台)
    • 183系(1000番台)
      • 特急「かまむろ」で使用されている。

普通列車

  • 電車
    • 227系(5000番台)
      • 六合塚駅 - 片桐駅間でしずり路快速と朝ラッシュ時の一部快速に充当され、130km/h運転を行う。あとなんか片桐駅 - 北陽釜室駅あたりでローカル輸送もやってる可能性が専門家によって指摘されているが、周知の事実である。
    • 221系(1500番台)・223系(6500番台)・225系(6100番台)
      • 六合塚駅 - 片桐駅間で快速・普通に充当される。全車が共通運用を組む。
  • 気動車
    • キハ75系
      • 水音の辺りにある車両区に所属する車両で、快速「かたぎり」として神谷駅 - 片桐駅間を走行している。

歴史

  • 2020年(平成32年)10月:いま。

駅一覧

あるのか?

脚注

  1. 1.0 1.1 ちゃんと調べてないけどたぶんそう
  2. 保安上の理由により、住所は設定されていない