常総赤木駅

提供: 関南・東山地方Wiki
2021年2月17日 (水) 01:41時点におけるS7 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「'''常総赤木駅'''(じょうそうあかぎえき)は、開島県長野浜市高津町赤木三丁目にある、常総急行常総箱重線の駅…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

常総赤木駅(じょうそうあかぎえき)は、開島県長野浜市高津町赤木三丁目にある、常総急行常総箱重線の駅である。

じょうそうあかぎえき 常総赤木駅
[[]]
所在地 開島県長野浜市高津町赤木3丁目
所属事業者 常総急行
乗入路線 常総急行常総箱重線

歴史

駅構造

二面二線の対向式ホームで、築堤上に設置されている。新高津方のホーム端に出入口階段があり、改札口は簡単な作りとなっている。
線路のカーブ上に位置しており、ホームの下は崖になっている部分もある。

駅周辺

まばらな住宅街が周辺に広がり、その周りをシラカバの群生林が取り囲んでいる。その他ホームからは西側にそびえる山脈も臨めるなど、自然的要素の多い駅である。
近くにはJMR中央本線が走り、中央本線の赤木駅も設置されている。

駅名の由来

この地の地名の由来にはいくつか説があり、戦国時代にこの場所で合戦が起きた際、飛び散った大量の血で木々が真っ赤に染まったことに由来する説と、幹の断面が赤いシラカバの木が周辺に茂っていることからという説が存在し、この二つが最も有力とされている。
頭に冠する「常総」は、近くにJMR中央本線の赤木駅が存在することから、区別のために開島県の旧国名と、常総急行の駅であるということで略称のようなかたちという二つの意味で「常総」の名を付けている。

バス路線

隣の駅

常総急行

  • 常総箱重線
常総山台駅- 出沼駅