成都県

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

成都県(なりとけん)とは、府館地方に位置する日本の県の一つである。海に面しており、港を多く有する。県庁所在地は成立市

テンプレート:自治体名称仮名/成都県
成都県
日本の旗 日本
地方テンプレート:地方区分成都県
団体コード61
ISO 3166-2:JPJP-61
面積テンプレート:自治体面積/成都県km2
総人口テンプレート:自治体人口/成都県
テンプレート:自治体人口/成都県テンプレート:自治体人口/成都県
人口密度構文エラー: 予期しない演算子 < です。人/km2
隣接都道府県八倉都 弦河県 倉山県
県の木[ケヤキ]
県の花[ハマユウ]
県の鳥[カモメ]
シンボルなど県の歌:成都県歌・成都県民音頭
県民の日:8月1日
ゆるキャラ:ゆるくない船長
成都県庁
知事橘 優輝
所在地334-0801
成都県成都県中央区御幸町1-3-1
テンプレート:自治体座標/成都県
 表示 ウィキプロジェクト

概要

県域のほぼ全地域が旧xx国であり、1都2県に接する。府館地方中部に位置する県で、東部と西部で海に面しており、枷浜や箱須賀といった重要な港湾が存在する。また、県北地域~県央地域にかけては平野と丘陵が、県南地域は山がある。

名称

成立県、枷浜県、神野県を統合してできた旧成都県の設置当初、県庁が枷浜市成都町(現在の枷浜市成都区)に置かれる予定であったため、その地名から成都県と名付けられた。 しかし、当時の枷浜市は港湾部の発展により飽和状態となっており、都市機能の分散などを目的に弘和郡成立宿(現在の成立市中央区)の旧成立県庁舎の跡地に移転した。

地理・地域

旧律令国においては、現在の成都県の領域は全地域がxx国に含まれており、昔からほぼ変わっていない。平和が一番。 県の東側、南側では弦河県に接し、県の北部では倉山県へ、県の西部では八倉都に接している。 大規模な港湾がある枷浜など県央地域は古くから交通の要衝となっており、鎖国が行われていた際も海外との交流の玄関口となったいた。

県北・県南の地域は都である八倉にほど近く、近代以降の大都市圏の拡大に伴い、1980年代ごろから急激な人口流入と都市化をしてきた。このようにして形成された市街地は、その多くが無秩序なものであり、このような地域では現在も道路などの社会基盤の整備に難を抱えている。

成立都市高速道路を中心とした高速道路網の整備が予定されているが、枷浜都市高区間以外完成していないため、県の各所で道路渋滞が慢性化している。 県内の自治体は成立市・枷浜市を中心とした政令指定都市を筆頭に、40万都市の箱須賀市、30万都市の那洲市、20万都市の神野市、鎌館市、小原市が存在している。 また、県庁所在地の成立市には国鉄の操車場跡地を活用したなりたち新都心が計画されており、今後は八倉都のベッドタウンという役割も併せ持つ独自的な県になることが予想される。

  • 地形
  • 隣接都道府県
  • 気候
  • 地域

成都県には10の市が存在する。町村はまだない。

  • 県北地域

岐和川市
国府市
成立市
那洲市

  • 県央地域

枷浜市
鎌館市

  • 県南地域

小原市
神野市

  • 河川

成立川、馬鹿川、n川

歴史

そのうちナリトニアンって地層が見つかるかもしれないからまて。

人口

スクールアイドルが大好きなオタク1人が居住する。

行政

  • 国の機関

財務省府舘財務局(成立市)
国税庁府舘国税局(成立市)
警察庁府舘管区警察局(枷浜市)
あたりがあるんじゃないかな(適当)

経済・産業

県内の主要企業 ・成立急行電鉄

交通・生活

  • 交通

・鉄道
県内のターミナル駅は成立市の成立駅、枷浜市の枷浜駅と二極化されており、JMR線の主要列車が全列車停車する。
利用客数は両方とも100万人くらいいるらしい。たぶん。
一方で、大体の時刻表における県の代表駅は成立本町駅であり、わけがわからない。というか成立本町駅はたいていの優等列車が通過してしまう。
・バス
基本的に成立急行電鉄バスがそこらじゅうに走っている。
困ったら周りを見てみよう。バス停がある。
・道路
あったらいいな♪あってもいいな♪

警察

成都県警察本部下に以下の警察署が置かれている。
成立中央警察署(警視正)
成立東警察署(警視)
成立南警察署(警視)
岐和川警察署(警視)
那洲東警察署(警視)
那洲警察署(警視正)
枷浜警察署(警視正)
枷浜西警察署(警視)
枷浜南警察署(警視)
神野警察署(警視)
鎌館警察署(警視)
小原警察署(警視)
藍浜警察署(警視)
江戸警察署(警視)
箱須賀警察署(警視)
港警察署(警視)

行政サービス

全体的に杜撰。

公共施設

文化会館

成立市民文化センター
枷浜市民文化ホール
箱須賀市文化ホール
神野市民文化ホール

図書館

上川文庫