新鶴浜駅

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
新鶴浜駅
しんつるはま
Shin-Tsuruhama
電報略号シル
駅構造高架駅(新幹線)
地上駅(在来線)
ホーム2面6線(新幹線)
3面6線(在来線)
乗入路線 4 路線
所属路線府館新幹線
キロ程西京起点)
坂浜
所属路線藤戸・三輪野快速線
鶴浜
泡咲
所属路線鶴馬・三輪野緩行線
磯西
所属路線枷浜線
キロ程(箱須賀起点)
茎名

新鶴浜駅(つるはまえき)は、三輪県鶴浜市中々野区にある、箱日本旅客鉄道の駅である。

概要

港町・鶴浜市の新幹線における玄関口となる駅である。
当駅は鶴浜市南端の中ヶ野区に位置し、鶴浜駅周辺などの中心市街地へはJMR線で連絡しているほか、市営地下鉄の新線を建設し臨海部や穂台・佳沢市街地と直結する構想もあるが、実現には至っていない。

駅構造

新幹線のりばが地上3階の高架上、在来線は地平にある。

地上ホーム

1-8番線(1・2番線:鶴馬・三輪野緩行線、3・4番線:藤戸・三輪野快速線、7・8番線:枷浜線)は島式ホーム3面6線を有する地上ホーム。
直営駅であり、窓口および指定席券売機が設置されている。
貨物列車等の待避・機回し・入換に使用するため、1番線の脇と4番線と7番線の間に側線がある。また全特急列車が当駅に停車する。
7・8番線は枷浜線専用で、線路は南側で行き止まりになっている。
なお5・6番線は貨物専用の側線のため欠番となっている。

高架駅

11-14番線(府館新幹線)は通過線2本を挟んだ島式ホーム2面4線を有する高架ホーム。
ホームは副本線上に設けられており、本線は通過線となっている。
フルカラーで発車時刻を表示する電光掲示板(発車標)が設置されている。11・12番線の頭上には電光式の乗車位置案内表示器が設置されている。
ホームの屋根の一部にはソーラーパネルが設置されており、発電された電気は駅構内の照明、空調設備などに利用されている。またコンコースには先発列車の編成案内表示機もある。

のりば

番線 路線 行先
在来線のりば
1 鶴馬・三輪野緩行線 鶴浜八倉方面
2 泡咲津奈川方面
3 藤戸・三輪野快速線 鶴浜八倉方面
4 泡咲藤戸方面
7 枷浜線 箱須賀方面
8
新幹線のりば
11 府館新幹線 坂浜西京中坂水音新鳥丘方面
12
13 藤戸藤戸中央方面
14