桐立市

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
きりたちし
桐立市
日本の旗 日本
地方 関南地方
都道府県 七島県
面積 A4用紙5500億枚
総人口 9万男女男男女男女
人口密度 肩が触れる程度
隣接自治体 箱重町坊崎市国府宮市咲島町
西京府鈴川町
市の木 キリ
市の鳥:
市の歌:
桐立市役所
市長 ♪誰だ、誰だ、誰だ~
所在地 レワーク
七島県と思いきや七島県桐立市東神区
 表示 ウィキプロジェクト

桐立市(きりたちし)は、関南地方東部、七島県の東部に位置する同県の県庁所在地。政令指定都市の一つであり、7区の行政区を持つ。桐立港を擁する港湾都市。

概要

桐立市は七島県内で第1位の人口規模を有し、その数は85万人を数える。1980年代ぐらいに政令指令都市に移行し、7区制となった。
古くから京桐街道南海道の結節点として栄え、経済面や鉄道・道路などの地理上、西京府中坂県とのつながりが強い。西京・桐立・中坂の3都市あるいは都市圏を合わせて、京桐坂と呼ぶこともある。市の中心駅である桐立駅から西京駅および中坂駅までは電車で25分 - 35分程度であり、西京や中坂のベッドタウンとしての側面が強い。一方で東神区小船区などの港湾を持つ沿岸部や高速道路沿いを中心に工業団地が形成されており、べ、別に業務機能の集中が弱いわけではないんだからねっ。他が強すぎるん.jar。

隣接したいくつかの小集落をまとめる形で市制を施行したため複数の中心部を有する。一般に桐立市中心部と言った場合、多くは七島区東神区小島区の3区を指す。この領域に含まれる、城下町由来の七島、商人町由来の東神に、本桐立・小島の2つを加えた4地区がそれぞれ中心となっており、これは市章にも表現されている。一方で小船区海津区などももともと町として独立していたことから、公共施設や商店などが集中している。藁科区片浜区は雑魚。是非もない。

地理

坂桐平野の南端に当たり、地域的なつながりの強い中坂とは山越えを必要としない。一方の西京側も海津 - 鈴川付近で海岸線に山が迫るものの、難所とはなっていない。

地形

坂桐平野の南部に当たり、佐摩川左岸に広がる東部平地部と、右岸に広がる河岸段丘や西桐台地を含む西部台地部とに分けられる。

東部

西部

歴史

人口

85万人ぐらいが住んでいる。東神区では夜間人口が少なく、それ以外の地域では多い傾向がある。

市政

市組織

  • 8局(総務局・企画市民局・健康福祉局・環境経済局・都市建設局・交通局・教育局・消防局・狂騒局第二番)
  • 7区(藁科区役所・東神区役所・七島区役所・小島区役所・片浜区役所・小船区役所・海津区役所)

市長

正体不明。知ろうとした者は謎の死を遂げている。

国政・県政

国政

県政

公共機関

警察

消防

  • 桐立市消防局
    • 東神消防署
    • 七島消防署
    • 藁科消防署
    • 片浜消防署
    • 海津消防署
    • 小船消防署

国の機関

経済

主な商業施設

金融機関

教育

大学


交通

鉄道

主要な駅

箱日本旅客鉄道

西京旅客鉄道

中坂急行電鉄

倉太急行電鉄

桐立市交通局

バス

桐立市交通局の運営する市バスと倉太急行電鉄の運営する倉急電鉄バスで、殴り合いの喧嘩となっている。

道路

船舶

桐立港

脚注