榊宮駅

提供: 関南・東山地方Wiki
2021年8月19日 (木) 19:11時点におけるS7 (トーク | 投稿記録)による版 (→‎駅名の由来)
ナビゲーションに移動 検索に移動

榊宮駅(さかきのみやえき)は、開島県砥田市榊ノ宮一丁目にある、砥田開発鉄道しらなみ線の駅である。

さかきのみやえき 榊宮駅
[[]]
所在地 開島県砥田市榊ノ宮1丁目
所属事業者 砥田開発鉄道
乗入路線 砥田開発鉄道しらなみ線

歴史

かつて砥田開発鉄道が八幡通を終点とし、当駅から単線で敷設されていた時代はここは信号場であり、その後停車場に格上げされた。現在は砥田市駅方面の分岐が隣接しており、間接的ながら信号場の姿を残している。

駅構造

二面二線の対向式ホーム。周りを建物に取り囲まれているため、ホーム中央部以外は幅が狭いことが特徴。 砥田市側のホーム終端すぐには砥田市駅地上ホームと地下ホームに分岐するポイントが迫っており、当駅が事実上の分岐駅ではあるが残念なことに各駅停車以外はすべて通過してしまう。

駅周辺

榊之宮神社が付近にあり、参拝へのアクセス駅となっている。

駅名の由来

駅名および地名は付近の榊之宮神社に由来する。榊宮という名は神事に使われる榊の葉が境内に生い茂るさまから神社の名となり周辺の地名ともなった。 ちなみに駅名では「榊宮」と表記するが、由来となった神社は「榊之宮」、住所では「榊ノ宮」と表記する。

バス路線

隣の駅

  • しらなみ線
砥田市駅 狭崎駅▸::