橘市

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
たちばなし
橘市
橘市章
日本
地方 府館地方
都道府県 三輪県
オブジェクトクラス Neutralized
団体コード
法人番号 3341343(さみしいさしみ)
総人口 51,946人(推計人口)
隣接自治体 津奈川市布施市佳沢市
藤戸県:襟が谷市
市の木 枯れた
市の花 枯れた
市の鳥 死んだ
市の歌 ある
県民の日 2月29日
市長 東 智昭(未逮捕)
市役所
所在地
橘市西松下2-6497-4

橘市(たちばなし)は、三輪県の南部に位置する市。

概要

篠田川以南に位置するベットタウンであり、三輪県に位置する自治体としては最南端の市である。依然市内各所で農業が行われており、バブル経済期以後には、東都市部からの私立大学の転入が進み、市内には現在も私立大学や一貫校が点在するなど、「青年の街」の色も見られる。
市章に込められた意味は「伝統との融和・躍進・新時代への情熱」。全部叶わない。

歴史

  • 2020年10月5日-計26時間ほどを食いつぶしworldpainterにより爆誕

市政

市長

前市長の望月氏が贈収賄事件で逮捕されて以来東氏が務めている。

都市宣言

2000年7月1日、市は、社会のごみの削減を目的とした「ゴミ皆無都市宣言」を発表。毎年7月にチキチキゴミ退治夏祭りが開催されている。しかしゴミ排出0化の願いもむなしくごみ排出量は一方的に増加。市長が逮捕され宣言は取り消された。なおこの際「ゴミ皆無都市宣言」の垂れ幕、ポスターなのが大量にゴミとして焼却処分されたことで批判を浴びている。東氏はこの批判浴の後、再度「ゴミ排出量削減宣言」を発表。ごみ中継施設である「ゴミカスハブセンター」で資源化するなどし順調にゴミ排出量を削減している。

交通

鉄道空白地帯であるため、公共交通はもっぱらバスに依存している。バスの運行本数は多く、特に橘ニュータウン・松木原団地から隣接市の椿和新町駅、襟が谷駅方面へは昼間でも頻繁に運行がなされており鉄道の空白を埋める役割を果たしている。一方でバイパス整備などは盛大に遅れており、主要道路では渋滞が慢性化しておりバスも遅く、cities初見みたいになっているため、鶴急線の延伸が要望されている。藤急が南部ちょっと通ってるのが唯一の救い。

鉄道

藤戸急行電鉄

路線バス

  • 鶴急バス
  • 三輪中央交通