津奈川駅

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
津奈川駅
津奈川駅
津奈川駅
つながわ
Tsunagawa
所在地 三輪県津奈川市松台1-7-11
所属事業者 JMR箱日本
鶴急電鉄
所属路線 鶴馬・三輪野緩行線
鶴急本線
乗車人員
-統計年度-
9兆人/日(降車客含まず)
テンプレートを表示

津奈川駅(つながわえき)は、三輪県津奈川市松台1丁目にある、箱日本旅客鉄道(JMR)・鶴急電鉄鶴急本線の駅である。

乗り入れ路線

JMR箱日本の鶴馬・三輪野緩行線と、鶴急電鉄の鶴急本線の2社2路線が乗り入れている。なおJMR貨物は、当駅を含む区間を第二種鉄道事業者として運行している。

歴史

  • 2017年未明:当駅の建設が決定。
  • 2020年
    • 2月10日:当駅付近のワールドが生成。建設が始まる。
    • 2月13日:鶴急線津奈川検車区の北エリアの建設が完了する。
    • 2月14日:JMR線の線路が敷設され始める。このころからわずかながら憤慨の兆候が見られる。
    • 2月15日:鶴急線つつじ野駅~当駅間の開発が始まる。憤慨が表面化。
    • 2月28日:JMR線までの開発が完了。SSの撮影によりやや憤慨が沈静化する。
    • 3月1日:カント踏切という初の苦渋を味わう。憤慨細胞が再活性化。
    • 3月4日:斜め勾配の開発が再来。キレ散らかす。
    • 3月6日:駅以北の開発が終了。
    • 3月9日:駅建設開始。様式に悩む。
    • 3月11日:配線との闘いと憤慨により視神経などが激しく損傷。
    • 3月15日:車両基地の配線があらかた終わる。
    • 3月19日:落成。

駅構造

南北方向に向かってホームが伸びており、JMRと鶴急線は東西通路て結ばれている。

JMR箱日本

津奈川駅
つながわ
Tsunagawa
電報略号 ツワ
駅構造 高架
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
4兆人/日
-2017年度-
乗入路線 1 路線
所属路線 鶴馬・三輪野緩行線
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を擁する高架駅。島式ホーム1面2線を有する地上駅。改札口は1番ホームに横付けされている東口とは別に一つ設けられている。階段及びエレベーターは各ホーム一つであり、地上の南口につながっている。

直営駅(駅長配置)であり、管理駅として片田見沼駅北駒河駅熊丸駅を管理している。
当駅に折り返し線はないが、早朝に枷浜線列車の接続を目的とした当駅始発の新鶴浜行き列車が1本設定されている。この列車は鶴馬線の車両ではなく、藤戸線所属の車両が用いられる。

のりば

番線 路線 行先
1 鶴馬・三輪野緩行線 鶴浜八倉方面
2 駒河来馬方面

鶴急電鉄

津奈川駅
つながわ
Tsunagawa
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
5兆人/日
-2017年度-
乗入路線 1 路線
所属路線 鶴急本線
テンプレートを表示

島式ホーム2面4線を有する地上駅。東側から1-3番線で、2番線は上り列車の待避や折り返し、当駅始発列車などに使用する。また、後述する貨物列車が稀に使用することもある。南側に折り返し線を持つ。
隣接して津奈川検車区及び津奈川工場が設置されており、当駅を始発・終着とする列車が多数設定されている。朝ラッシュのピーク時には当駅始発の各駅停車が約15分おきに運行されている。津奈川電車区や津奈川車掌区があり、運転士や車掌が交代する場合もある。

乗り換えを含む当駅利用客が多く、朝ラッシュ時に準急が混雑することから、当駅を急行停車駅にするなどして当駅発着列車を増やすよう津奈川市から要望されているが、鶴急電鉄は動画展開の都合ダイヤ上の制約を理由にこれを見送っている。

のりば

番線 路線 行先
1 鶴急本線 椿和新町方面
2 中野上原鶴浜方面
3

3番線は鶴浜側・椿和新町側ともに分岐器の直進側に存在する。

当駅は鶴急本線上り列車の待避駅である。朝ラッシュ時はすべての準急列車が当駅で急行、快速急行、メトロウインド号の通過待ちをする。下り列車は一部の当駅止まり列車を除き1番線を使用する。上りは3番線を主に使用するが、通過待ちをする各駅停車や準急は2番線を使用する。

貨物取扱

当駅は鶴急線内で唯一貨物取り扱いのある駅である。水音車両からの部品輸送を目的とした定期貨物列車は当駅発着扱いとなっている。また、臨時貨物列車として鶴急の新車搬入や他社へ譲渡する車両の搬出、鶴浜市営地下鉄芝有線彩川線の車両を搬入する車両輸送列車がある。
JMR貨物は、当駅を含む区間を第二種鉄道事業者として運行しているが、当駅での貨物取り扱いはない。