瀬田駅

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬田駅(せたえき)は、鳥丘県新瀬田市にある、瀬田電気鉄道(瀬田電鉄)・速度計旅客鉄道(SR)・Verkehrsgesellschaft Neugbaur(VGN)・新瀬田市営地下鉄桜川鉄道の駅である。

瀬田駅
せた
Seta
(瀬田中央)
所在地鳥丘県新瀬田市南区
所属事業者瀬田電気鉄道
速度計旅客鉄道
Verkehrsgesellschaft Neugbaur
新瀬田市営地下鉄
桜川鉄道
所属路線瀬田電気鉄道瀬田本線
SR中央線・空港線
開業年月日1900年頃だといいな
第三次改修工事後の瀬田駅南口(2018年11月10日)

概要

関南地方でも有数の乗降客数を誇る、鳥丘県南部のターミナル駅である。またSR特定都区市内制度における「瀬田市内」に属する駅であり、運賃計算の中心となっている。瀬田電鉄内での運賃計算の起点でもある。瀬田市街の玄関口であり、南口にはオフィス街が、北口には低層市街地が広がっている。
鳥丘県内でも一二を争うターミナル駅であるため、乗り入れ路線は非常に多い。 ちなみにVGN線内での当駅の表記は「瀬田中央」駅であるが、乗り換え等での立地の差があるわけではない。

SRの前身となる国鉄鳥丘線が建設された際に終着駅として開業したのが始まりであり、当初は国鉄側も地上駅であった。瀬田急行電鉄(現在の瀬田電鉄)が参入した際に駅構造が1から見直され、国鉄側が高架化し、瀬田急行電鉄側が地上線を敷設した。

瀬田電鉄管内では鳥丘駅に次ぐ拠点駅でもあり、特急などのすべての長距離列車が停車する。当初は瀬田駅から西に延伸する計画があったことで当駅は始発駅としての地位を譲るはずだったが、瀬田電鉄内での資金難や他路線との接続もあり廃案となり、事実上の始発駅となった。延伸案が廃案後、SRやVGNへの接続を見据えた改修工事が三度にわたって行われており、瀬田電鉄ホームは当初2面4線であったホームが4面6線まで拡大し、別途専用の留置線(瀬田留置駅)が整備されることとなった。当初はSRのみがこの駅を管理していたものの、瀬田市駅から移転した瀬田電鉄が専用駅舎を建設してからは複合施設型の駅舎へと変貌している。
瀬田電気鉄道が倉急烏倉線との直通を開始し、増えた需要に対応しきれなくなったため、外側停止線にホームを新設する工事が行われ、瀬田電管内の面積が拡大している。伴って駅南側は大改修を受けている。

乗り入れ・接続路線

瀬田電気鉄道では、瀬田本線と直通する倉急烏倉線湾岸線の合計三系統が乗り入れている。烏倉線の接続関係で西京メトロ車も乗り入れるダイヤが存在する。そのため瀬田電鉄ホームだけでも合計4社の車両が乗り入れていることになる。

SRからは中央線、空港線が乗り入れている。ただし、中央線と空港線のSR瀬田駅は全く別の立地であり、同じホームに乗り入れているわけではない。地上2階に中央線ホーム、地下に空港線ホームが存在する。そのためSR線同士での乗り換えに不満を持つ客も一定数存在する[1]

VGNからは合計3路線が乗り入れていたが、VGN側のターミナル駅である新椎名駅への移行に伴って、瀬田駅への乗り入れ路線は一本に減少している。

瀬田電気鉄道

瀬田電気鉄道 瀬田駅
せた
Seta
所在地鳥丘県新瀬田市南区
所属事業者瀬田電気鉄道
所属路線瀬田電気鉄道瀬田本線
乗降人員
-統計年度-
123,040人/日
-2017年-
開業年月日1987年11月20日
乗入路線 1 路線
所属路線瀬田本線湾岸線含む)
駅番号ST-A01
キロ程0.0km(瀬田起点)km
(瀬田中央保線場) (0.8km)
(0.4km) 當辺 ST-A02
備考瀬田市内駅

瀬田本線のホームはすべて地上一階部分に存在し、地上2階でSRの乗り場と連絡しており、地下でVGN、新瀬田市営地下鉄などその他の鉄道と連絡している。駅番号のA(瀬田本線を意味する)はほとんどの場合省略されていることが多い。

歴史

  • 1987年11月20日 - 瀬田電鉄の瀬田市駅~若部駅の路線変更に伴い、瀬田線の暫定終着駅として開業。
  • 1990年5月10日 - 瀬田線の需要拡大と車両増備に対応するため、ホームを北側に新設。
  • 1995年3月14日 - 当駅より西側の新駅開発計画が中止。伴って暫定終着駅から終着ターミナル駅へと格上げ。
  • 1995年6月24日 - 上記の事情に伴い、島式ホーム両側に留置線が2本増設。

駅構造

地上一階部分にすべてのホームが存在し、地上・地下への改札へ階段及びエスカレーターが整備されている。第三次改修工事後は、両側留置線が新1・6番線ホームとなり、対向式ホーム2本、島式ホーム2本の駅舎となった。地上二階には中央改札口・中央南改札口が存在し、改札内に売店も併設されている。長らく2階改札へのエレベーターは設置されていなかったが、第二次改修工事の一環としてバリアフリー対応を目的に2個新設された。尚現在も地下方面へのエレベーターは改札口の位置の関係上設置されていない。

速度計旅客鉄道

速度計旅客鉄道 瀬田駅
せた
Seta
所在地鳥丘県新瀬田市南区
所属事業者速度計旅客鉄道
所属路線中央線
空港線
駅構造高架、地下駅
ホーム3面6線(在来線・高架) 3面5線(在来線・地下)
乗入路線 2 路線
駅番号SC-01
キロ程0.0km(瀬田起点)km
所属路線SR空港線
駅番号SA-04
日暮 SA-03 (0.8kmkm)
成沢 SA-05
備考瀬田市内駅

中央線およびSR・桜鉄直通線の起点駅であり、当駅から成沢駅までは地下の空港線を含め実質的な複々線となっている。空港線のみ地下ホームから発着する。

歴史

  • 1987年 - 国鉄分割民営化に伴い、速度計旅客鉄道(SR瀬田)の駅となる。
  • 1995年 - 駅大規模改築工事が開始し、中央線北端に留置線が設置され、地上駅が4面3線から3面6線に改築される。

駅構造

高架部に中央線の島式ホーム3面6線と、地下に空港線の島式ホーム3面5線を有する。空港線のトンネルはMCTE工法で建設した。 各コンコースと各ホームを連絡するエスカレーターとエレベーターが設置されている。ただし、地下コンコースから地上コンコースまでのエレベーターは工事のため使用停止となっている。改築工事で地下部と地上部のバリアフリー化と移動距離短縮化を進め、乗り換えをスムーズにできるよう改善する方針である。

のりば

番線 路線 行先
1 中央線 六宮栄京方面
2
3
4
5
6 SR・桜鉄直通線 桜風桜川中央方面
7 空港線 成沢栄京方面
8
9 谷海空港方面
10
11 谷海エクスプレス・はばたき 栄京中坂方面
12 谷海空港方面

改修工事

第一次改修工事

VGN主導で行われたもので、主に北側ロータリーの大幅リニューアル工事が行われた。SR地上ホームも若干ではあるが改良が加えられている。

第二次改修工事

瀬田駅の上に建つ駅ビルが建て替えられ、瀬田電鉄ホームの上に大規模な屋根が取り付けられた。瀬田駅南側は特に改修工事は行われていないが、地下通路の拡幅など細かい場所の工事も行われた。

第三次改修工事(新瀬田大規模再開発事業)

瀬田電鉄ホームを拡張し、新しく両側にホームを新設。またこれまで一切改修されていなかった駅ビルが全面的に建て替えられ、瀬田電鉄上の駅ビルには瀬田百貨店とステーションホテルが新しく建設された。また北側にはVGNホームが地下から移動して新設され、その上に瀬田第一ビルが新しく建造。

脚注

  1. 少なくともは不便だと思う