「神急鉄道警備隊」の版間の差分

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(リンクURLスッキリさせたほかいろいろ追加修正)
(直しとかないとまずい世界観修正)
66行目: 66行目:
 
*[[神谷市警察局]]
 
*[[神谷市警察局]]
 
*東山地方三大指定暴力団
 
*東山地方三大指定暴力団
**[[桜井組]]
+
**[[黒崎組]]
 
**[[村上組]]
 
**[[村上組]]
 
**[[小早川組]]
 
**[[小早川組]]
  
 
== 脚注 ==
 
== 脚注 ==

2020年4月13日 (月) 17:45時点における版

神急鉄道警備隊(かみきゅうてつどうけいびたい、英:Kamikyu Railway Police, KRP)は、北上県に本拠を置く警察組織で公益財団法人。略称は神急鉄警神谷急行電鉄の出資によって運営される日本唯一の民間法執行機関である。民間組織ながら、北上県公安委員会の管理を受ける。内務省警察庁東山管区警察局管内。本部所在地は北上県神谷市中央区蒼飛町3-2。

概要

1988年に神谷急行電鉄警備部から独立する形で編制された、日本初にして唯一の民間法執行機関。その影響範囲は鉄道敷地内に限られていたものの、北上県警などとも協力し数々の事件を解決に導いた実績を持つ。また、神谷急行電鉄の関連鉄道事業者である水音鉄道倉急電鉄のエリアにも派出所を持ち、その管轄範囲は実に3県に及ぶ。警備部に編成された神急特殊戦術部隊(KAST)は、北上県警にSATが組織された今も北上県下最大の部隊であり、重大事件の際は北上県警から応援要請がなされることがある。
設立より長らくの間、法執行の行える範囲は鉄道敷地内に限られていたが、2015年に結ばれた北上県警察・神谷市警察局との三組織捜査協定により、鉄道敷地外にもその活躍範囲を広げることとなった。

沿革

1974年、神谷急行電鉄は設立からわずか3年にして高垣市の発展の追い風を受け、成長の真っ最中であった。これを敵対視した武闘派左翼グループ、“東山統一赤軍”は神急に爆破を予告。実際に神谷駅留置線に停車中の100系1編成を白昼堂々と爆破、隣接する国鉄線を走行中だった62系電車2両が延焼。およそ150名の負傷者を出した(第一次神急電車爆破事件)。これに対し当時の神谷急行電鉄は徹底した抗戦を表明し、社内に警備部を設立。北上県警察協力の上職員75名が警察学校で研修を受けた。この75名は特殊警棒などで武装し、3人単位の巡回班を組み主要駅及び鉄道施設にて警備に当たった。民間人ながらテロに屈しない姿勢を見せた彼らは世間の新左翼離れも相まって賞賛を浴び、民間版鉄道公安官として注目されることとなる。
神谷急行電鉄警備部はそれからも鉄道マンならではの視点と知識で凶悪事件解決に一役買い、1986年のカスミ・長森事件では惜しくも主犯は足取りを掴めなかったものの特殊捜査班が犯行グループの一名を確保。その優秀さを世に知らしめた。
その後神谷急行電鉄警備部が神急鉄道警備隊として独立するのは1988年のことであり、この時に鉄道敷地内での警察権を保有するに至った経緯は永田町の歴史的な謎の一つとされている。その後も1995年の全日航765便ハイジャック事件において創設初期の神急特殊戦術部隊(KAST)が出動するなど、話題には事欠かない。なおこの事件で水音空港に出動したKASTは、本来鉄道敷地外で活動するのに必要な手続きを踏まずに突入している。これについては批判も寄せられたが、当時の警察庁長官は取材に対し「空港に向かっていたSATがまだ県外だったことや犯人との交渉が決裂しつつあったことなどを考慮すると止むを得ず、正規の手続にとらわれずに人命を優先した英断」[1]とコメントした。

組織

職員

装備

個人装備は、拳銃を含め警察官とほぼ同様のものを採用する。県全域を管轄する北上県警よりも自動式拳銃の採用比率が高い。なお、職員には非番時も職務の執行ができるよう身分証と拳銃の携帯が義務付けられている。

武装

けん銃

  • S&W M36 - 警備部から独立し、職員が拳銃の携帯を認められた際に一斉配備された。P99の配備によって押し出されたPPKなどで取って代わられつつあるが、バックアップとして携帯する職員も多い。
  • SIG SAUER P230 - 主に警護課が使用。日本の警察では.32ACP弾仕様のJPモデルが使用されるが、神急鉄道警備隊では重武装した襲撃犯対策としてより威力の高い.380ACP弾仕様が配備されている。
  • ワルサーPPK - .380ACPモデルを採用。警護課や捜査部の私服職員などを中心に配備されていたが、P99によって押し出しが進む。M36に代わって制服職員のスタンダードとなりつつある。
  • ワルサーP99 - 新制式拳銃で、犯罪者の重武装化とともに威力不足と化してきた.380ACP弾を9×19mmパラベラム弾へ更新する目的で導入。主に警護課や捜査部の私服職員などを中心に配備が進んでいる。一部モデルには特注でグリップに中指で握り込むセーフティが追加されている。
  • H&K USP - KASTが.45モデルを使用。フラッシュライトの取付が確認されているほか、事案によってはサイレンサーも使用されている。

短機関銃

  • H&K MP5 - KASTが全日航765便ハイジャック事件にて突入の際使用。また、現場での即応対処用としてパトカーにも搭載されている。
  • H&K UMP-9 - パトカーの即応対処用として少数の配備を確認。今後の調達はこれに切り替えられると思われる。

自動小銃

  • H&K G11 - KASTへの自動小銃の採用検討用としてH&K G3とともに導入。ケースレス弾薬の利点である薬莢が辺りに散らばらない点などが評価され、一定数が採用された。しかし、長時間の作戦となった際に暴発事故が発生したことや銃自体の旧式化、弾薬費の高騰などからほとんどがHK416に代替された。
  • H&K HK416 - KASTが主力装備として使用。ダットサイトとフォアグリップを取付。捜査一課の初動対処係(FRU)でも使用が確認されている。

特殊武装

  • SIMON 120 - イスラエルで開発されたドア破砕用のライフルグレネード。KASTが突入用に装備するが、これまでに訓練以外で使用されたことはない。

服制

車両

  • 無線警備車 - 警察でいう“無線警ら車”にあたる。銀もしくは白の車体側面に蛍光色の橙と黄色で縞模様の塗装がなされ、その下部に「POLICE」文字のマーキングが施されている(ロンドン警視庁の“ジャムサンドイッチ”車両に類似)。ルーフには海外でよく見られるLEDのライトバーを搭載。車種は一般的なセダンに加え、日本の警察には少ないステーションワゴンやバンなども導入されている。近年は小型MPVのルノー・カングーを好んで導入している。
  • 私服用無線車 - 所謂“覆面パトカー”。事案への即応を重視する観点から、職員の私有車を積極的に使用している(緊急自動車としての登録を含む)。そのため、この区分での車両調達は少ない。
  • 人員輸送車 - 一般的な路線バス(日野・ブルーリボンⅡ)をベースにグリルガードや金網、ガンラックなど各種装備を取り付けたもの。主に警備や突入作戦など、大量の人員を輸送する際に使用する。整備は神急バスが担当。
  • 人員輸送列車 - 通称“K列車”。詳細は不明だが、マニ50形客車をベースにした電気式ディーゼルカーと推測されている[2]

船舶

航空機

回転翼機4機、固定翼機1機が在籍。鉄道警備隊らしく愛称はすべて列車名にちなんでいる。また、機体の整備・運航は業界大手の夕日航洋に委託している。

  • ベル 206 - 最も運用頻度の高い機体で、2機が在籍。愛称は「すいせい」「はくつる」。
  • ベル 412 - 412EPに各種装備を搭載したテロ対策仕様。北上県警SATとの共同運用で、橘町の東神谷ヘリポートを運用拠点とする。愛称は「あさかぜ」。
  • ボーイング V-107 - 長距離・大規模輸送用機として、陸上自衛隊から退役した機体を1機譲受。その後部品取り機として航空自衛隊からも1機譲受している。愛称は「つばめ」。
自衛隊での退役から既に10数年が経過しており、保守面を始めとして旧式化が著しいことから後継機としてV-22V-280などの導入が検討されていたが、予算面など諸事情から実現していなかった。V-22「つばめ」の導入で退役。退役後は神谷市の「神谷海洋博物館」に収蔵されている気がする。
  • V-22 オスプレイ - V-107「つばめ」の後継として導入[3]。現行機と比べ巡航速度や航続距離・最大積載量が向上する[4]。これにより部隊や人員の迅速な展開が期待されている。愛称はV-107から引き継いだ「つばめ」。
  • ボンバルディア DHC-8 - Q400CCが1機在籍。NKBCアビエーション・リーシング(白鳥神谷二ツ井銀行グループ)からのリース機。愛称は「こまくさ」。

特色のある部署

  • 捜査一課初動対処係(First Responce Unit, FRU)- 都道府県警察の機動捜査隊特殊事件捜査係に相当。事件発生の際、真っ先に現場に駆けつけ初動捜査を担当するほかに籠城事件では交渉や突入なども行う。そのためパトカーに搭載されている即応対処用の武装もより強力なアサルトライフルである。一係と二係が組織される。
  • 神急特殊戦術部隊(Kamikyu Assault Special Team・KAST)- 都道府県警察の特殊急襲部隊に相当。現場からの要請で出動し、高度に武装した犯人などの対処にあたる。平時は蘭暇森林の研修施設にてトレーニングを行うほか、訓練の教官役なども務める。
  • 法務部特命調査室
  • 二輪車機動警ら隊(二輪機ら隊)- 神谷市警によって定期的に生成されるパトカータワー[5]多発する多重事故に頭を悩ませた北上県警と神急鉄警が共同で編成した執行隊。神谷市区総合通信指令室指揮下に所属。県警と鉄警各50台のオートバイで構成される。鉄警所属の車両は鉄警のアイコンである独特の紺で塗装されており「青バイ」の愛称がある。機動性を重視する観点から主に250~400ccクラスの車種が配備され、ホンダ・CB400SFヤマハ・XJR400RBMW・G310Rなどが運用されている。

主な事件

  • カスミ・長森事件 - 警備部時代。北上県警と協力し犯人グループの一人を確保。
  • 東山電車暴動 - 警備部時代。北上県警の要請で出動、暴動鎮圧に参加。
  • 全日航765便ハイジャック事件 - 創設間もないKASTが突入。早期の突入により、死者負傷者は出ていない。

関連項目

脚注

  1. 新日本通信1995年6月22日付朝刊
  2. 月刊キンダイ2000年2月号『スクープ! これが神急鉄警の新兵器・人員輸送列車だ!!』
  3. 神急萩原コンツェルンが政界財界へのコネで防衛省にかなり値切らせたという噂があるが、私は知らん
  4. ホントに?
  5. なんのことか分からない人はリュック・ベッソンの「TAXi」シリーズを見てみよう!