神急100系電車

提供: 関南・東山地方Wiki
2020年6月19日 (金) 20:20時点における金橋碼 (トーク | 投稿記録)による版 (車両数がよォ 足らないんだよォ)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

神急100系電車は、1971年(昭和46年)から1980年(昭和55年)まで製造された神谷急行電鉄の電車である。

神急100系電車
基本情報
運用者神谷急行電鉄
製造所水音車両
神谷車両製造(ライセンス生産)
製造年1971年 - 1980年
製造数128両だと思われる
運用開始1972年3月3日
運用終了だらだら更新してたら割と遅くなった
投入先高垣本線 ほか
主要諸元
編成4両(2M2T)※更新時に組替で消滅
6両(4M2T)
軌間1,067 mm
電気方式直流 1,500 V架空電車線方式
最高運転速度95km/h(更新前)
115km/h(更新車)
設計最高速度100km/h(更新前)
115km/h(更新車)
起動加速度忘れた
減速度(常用)ブレーキはよく効く
減速度(非常)RTMの非常はヤバい
編成定員それがよくわかんねンだわ
自重重くね?
全長19,500mm(大本営発表)
台車DT21っぽい何か(更新前)
WDT59っぽい何かだった気がする(更新車)
主電動機出力そんなもんは知らねえ
駆動方式RTMの謎技術
歯車比ま、高めなんじゃね?
制御方式どうも界磁チョッパみたいな音がする(更新前)
GTOサイリスタ素子VVVFインバータ制御
IGBT素子VVVFインバータ制御(更新車)
保安装置神急ATS[1]
備考第12回(1972年ローレル賞受賞車両は営団6000系電車

概要

神急の初代自社車両。沼。
神急決定鉄警をでっち上げるために製造から3年と経たず吹っ飛ばされた編成がいる。アーメン。

リニューアル工事

98年あたりからダラダラ続けた結果個体差がヤバい。特に最終編成あたりは連続窓化とかいろいろやって別物。

改造

切り貼りして事業用車950形を12両作ったらしいが、よくよく考えてみると総数的に種車足らなくね?
やっぱ絶対に足りないので事業用車を同一設計で新造した。改造なんてなかった。いいね?

脚注

  1. 中の人はATACSを導入したいらしい