芽田世古グリーンプラザ駅

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

芽田世古グリーンプラザ駅(めたせこぐりーんぷらざえき)は、三輪県世古市にある、箱日本旅客鉄道の駅である。なんなんだ

芽田世古グリーンプラザ駅
めたせこぐりーんぷらざ
Metaseko-greenplaza
電報略号 mqo
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗入路線 1 路線
所属路線 藤戸・三輪野快速線
テンプレートを表示

概要

最近開業した。

請願駅の一つである。設置費用の分担は、計画時概算では鉄道建設・運輸施設整備支援機構が35億円、JMR箱日本が中線や分岐器など折り返し施設費を含めた29億円、世古市が14億円となっている。

世古中央駅と南世古駅の中間点に設置されている。藤戸線では、久しぶりブリの新駅開業となった。

駅構造

折り返し機能を有する単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。開業時の当駅での電車折り返しに関しては、輸送異常時のみである。

基本的に上り列車が3番線、下り列車が1番線からの発着となるが、上り下りとも1日2本のみ、2番線を発着する定期列車が存在する。

のりば

番線 路線 方向 行先 備考
1 藤戸・三輪野快速線 下り 藤戸方面
2 一部の列車
上り 新鶴浜鶴浜八倉方面
3

駅周辺

ベベルの塔という角が切り落とされたモニュメントが設置されている。