襟が谷駅

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
襟が谷駅
えりがや
Erigaya
所在地 藤戸県襟が谷市
所属事業者

藤戸急行電鉄

鶴浜急行電鉄
備考 共同使用駅
テンプレートを表示

襟が谷駅(えりがやえき)は、藤戸県襟が谷市にある、藤戸急行電鉄鶴浜急行電鉄の駅である。


乗り入れ路線

歴史

20xx年、襟が谷鯖爆誕。

20xx年、共同作業。

駅構造

当駅は、藤急電鉄が2階ホーム、鶴急電鉄が地下1階ホーム、1階構内がコンコースの共同使用駅である。

藤急電鉄

藤急 襟が谷駅
えりがや
Erigaya
藤急橘市
伊馬成川
所在地 藤戸県襟が谷市
所属路線 藤急電鉄本線
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
テンプレートを表示

島式ホーム2面4線を有する高架駅である。

のりば

ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2 藤急本線 上り 桜陽台・藤戸方面
3・4 下り あやめ野・八ツ沢市方面

内側2線(2・3番ホーム)が主本線、外側2線(1・4番ホーム)が待避線である。

駅の八ツ沢市方面方に引き上げ線を2線有する。主に、折り返しや停泊に使用される。

鶴急電鉄

利用状況

駅周辺

将来の計画

鶴浜急行電鉄

鶴急電鉄鶴急本線には、椿和新町駅から橘市まで延伸し、最終的に襟が谷駅まで延伸する腹案がある。橘市のニュータウン問題との兼ね合いにより具体化は難航していたが、ようやく実現する見通しとなった。

2020~2021年頃の開業を見込んでおり、完成すると当駅 - 鶴浜駅間は、藤戸駅乗り換えでまあまあかかっていたところを、乗り換えなしで結ばれある程度移動時間が短縮されてそこそこの所要時間になる見込み。