関南中央環状線

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関南中央環状線(かんなんちゅうおうかんじょうせん)は、中坂県中坂市中坂駅から、鳥丘県栄京市を経由して、西京府美音倉市に至る、鉄道路線の構想である。正式路線名は中央線であり、既設のJMR中央線SR中央線NR中央線が対応する。

概要

既存の南海道本線京桐線を取り込む形で、関南地方5県(中坂県開島県鳥丘県西京府七島県)を環状する鉄道整備構想である。
中坂駅で南海道本線と接続し、山越えして開島県を横断する。そこから山脈を越えて鳥丘県に入り平野を南下、栄京からは進路を東にとり、西京駅で京桐線に接続する。
国鉄時代からの路線構想であり順次整備が進められてきたが、全通には至っておらず未成区間が点在する。

路線データ