雪急1000系電車

提供: 関南・東山地方Wiki
2022年5月13日 (金) 14:15時点におけるMahuyuYukiyuki (トーク | 投稿記録)による版 (新規記事作成)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

雪急1000系電車(ゆききゅう1000けいでんしゃ)は、1995年に設計・製造された雪々急行鉄道の通勤型電車である。

前面形状など設計上の共通点が多い1500系は後年1000系を基に作られた別形式である。

雪々急行鉄道は三城市側先頭車の車両番号を編成記号とする。また、号車番号は原則として三城市側から1号車、2号車と表し、車両番号の末尾1桁は号車番号を表す(10号車は0番)

よって、本稿で編成を表す場合は「1011F」のように表記する。

雪急1000系
基本情報
運用者 雪々急行鉄道
製造所 雪急車輌製造 深雪ヶ原総合車両製作所
製造年 1995~1996年
製造数 そこそこ
運用開始 1995年
運用終了 そろそろ消えそう
廃車 既に大多数が廃車
消滅 まだ
投入先 雪々急行鉄道全線
主要諸元
編成 8両編成・6両編成・4両編成
軌間 1067mm
電気方式 直流1500V
最高運転速度 130km/h
設計最高速度 135km/h
起動加速度 3.0km/h/s
自重 ちょい軽い
編成長 両数による
全長 2100mm
高さ たかい
台車 WDT59
主電動機 FT-MS60-AC
駆動方式 中空軸並行カルダン駆動
制御方式 GTOサイリスタVVVFインバーター制御
制動装置

電磁直通空気ブレーキ

発電抑速ブレーキ
保安装置 R-ATS-Y(2015年以前はATS-P)
テンプレートを表示

概要

8000系は、1995年に設計・製造された、鋼製21m4扉の直流通勤電車である。

車体鋼体は山城車両からライセンス提供を受けたTTK工法によって製造された。

お金が無くて長い事8000系を増備させ続けてきた雪急が、ようやく経営体力を付けて、当時の最新技術を色々取り入れながら作った新世代の車両である。

外観・内装

軽量ステンレス製の車体はつや消し加工を施したステンレス地を基本とし、車体窓下には雪々急行鉄道のコーポレートカラーである雪急スノーブルーと雪急アイスブルーのステッカー帯が巻かれてる。

ドア部には帯のステッカー類が張られていない。軽量ステンレスのくせにビードが全然入ってないから、多分老朽化でそのうちボコボコになる。前面は普通鋼製。

内装はグレー地で地味。ステンレス製のポールや手すり、丸型のつり革が装備してある。運転室の内部も客室内と同じ色で塗装されている。座席モケットは青色で、優先席部は赤と灰色になっている。座席は8000系と比べてかなり固くて辛い。90年代の車両ってみんなこうよね……。更に例によって1人分幅の目安がない為、誰かがどっかり足を広げて座り、7人掛けに6人とか5人しか座れない事もしばしば起きている。

前面は非貫通だが、なんか貫通扉を付ける計画もあったらしく、前面窓のそれっぽい位置にピラーが有る。窓周りはブラックフェイスで、おでこの急行灯と方向幕がその中に入っている。ライトは横配置の角型で、なんか良く分からない形をしている。

運転席の後ろにはかぶりつき席と窓が有り、鉄オタには人気。この席は姉妹車の1500系にはない。

主要機器

運転台は左側配置、縦軸2ハンドルで、左手マスコン、右手ブレーキの一般的なものである。ノッチを反時計回りにN段より押し込むと、発電抑速がかかる。

制御機器はGTOサイリスタVVVFインバーター制御で、主に下り勾配の際使用する発電抑速ブレーキと電磁直通空気ブレーキを装備する。ATS表示機は2015年のR-ATS-Y導入に合わせて、専用筐体が運転席パネル左上に追加された。

雪急車に割と共通することだが、運転視界は割と悪い。

運用

この車両、椅子の固さ以外はそこまで悪い車両ではなかったが、21mという特殊な編成長の為、乗車位置がズレて近年のホームドア対応工事で問題になり、定期運用終了に向けて徐々に数を減らしている。