鳩橋高速鉄道

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳩橋高速鉄道株式会社(はとばしこうそくてつどうかぶしきがいしゃ)は、藤戸県襟が谷市から鳩橋市までを南北に縦断する鳩橋高速線を運営する日本の鉄道会社である。

概要

鳩橋ニュータウンの建設開始に伴い藤戸もしくは八倉方面の都心部への直通を前提に自治体出資で設立されたものである。当時、地元は鶴浜急行経営による延長を主張していたが、結局は第三セクター方式で建設されることとなった。

建設にあたり、当初より地権者の抵抗もあって用地買収は難航した。当時、藤戸県の収用委員会が機能しておらず、土地収用が行えなかったことが拍車をかけたと言われている。さらに、手抜き工事によるトンネル陥没事故や、バブル期の土地高騰のあおりを受けて、建設費が当初予定をはるかに上回る結果となった。さらにはJMR鶴馬線/藤戸線藤戸急行・鶴浜急行の内どの路線と直通するかなどのアクセスルートの具体案がまとまらなかったこともあり、先行開業した鳩橋ニュータウン中央駅~初野から延伸が行われることなく現在に至っている。経常収支は赤字であり、負債額は年々増加している。そのため、箱日本旅客鉄道(JMR箱日本)の電車特定区間運賃の約2.3倍となる高額な運賃となっている(「運賃」の節も参照)。

線内にほかの鉄道との乗換駅はなく、全国の第三セクター鉄道の中でも割と債務超過額が多くなっている。

路線

車両

鳩橋高速鉄道は、以下の車両を保有している。

現有車両

運賃

信じられないほど高いので、住民からの焼き討ちを恐れる。