鶴急本線

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶴急本線
複々線化事業の影響で補助の出ないまま立ち退きとなった住民
複々線化事業の影響で補助の出ないまま立ち退きとなった住民
基本情報
現況死んでない
所在地地球
起点鶴浜駅
終点襟が谷駅
駅数14駅
開業この前
所有者鶴浜急行電鉄
運営者鶴浜急行電鉄
車両基地津奈川検車区
使用車両いろいろ
路線諸元
路線距離不明
営業キロ不明
軌間1067mm
線路数複線
複線区間全線
電化区間全線
電化方式直流1500V 架空電車線方式
閉塞方式自動閉塞
保安装置鶴急ATS
最高速度110km/h

鶴急本線(つるきゅうほんせん)は、三輪県鶴浜市縁恩ヶ浜区鶴浜駅から藤戸県襟が谷市襟が谷駅を結ぶ鶴急電鉄の鉄道路線である。駅ナンバリングなんてモノは無い。ナンバリングは甘え。

概要

鶴急本線は、鶴浜駅と襟が谷駅を結ぶ路線で、鶴浜市営地下鉄芝有線八倉メトロ東西線成急藍浜線及び成急本線元急若葉線と相互直通運転を行っている。一部で複々線化が行われている。

路線概要

鶴浜駅を出るとすぐに左急カーブがあり、カーブを抜けて鶴浜第一踏切を通過するとまもなく椎名橋駅が見える。当駅をでるとS字カーブを通過し二面四線の中野上原駅に到着し、市営線と合流する。 当駅からは複々線となっており、すぐに急勾配を登ると桜寺駅に到着する。当駅から次の南穂台駅までの間に穂台台地を抜ける穂台トンネルを通過し、次の梅中村駅を通過すると篠田川を渡り、綾和泉公園駅に到着する。綾和泉公園から先はすぐに緩行線が急行線に合流し、ここから先は複線になる。
綾和泉公園駅を出ると左にカーブしながら地上に降り、公園第一踏切を通過したあとつつじ野駅に到着する。 ここから先は津奈川市を縦断し、それまで密集していた市街地は緑が増え、椿和新町まで畑と住宅の混在する区間を走る。目良川を渡り、鶴馬線を潜ると、鶴急最大の車両基地である津奈川検車区を擁する津奈川駅に到着する。

津奈川駅を出てS字カーブを抜けると、しばらくの間三九十九川及び三輪県道9号泡咲布施線と並走する。住宅が増えると間もなく三九十九駅に到着。この先椿和新町駅手前まで県道9号線と住宅を挟んで完全に並走する。その後s字カーブを描きながら勾配を登り、留置線2本を抱えたまま椿和新町駅へ到着する。

4面7線の椿和新町駅を出発すると、本線は高架に上がり吉生川と三輪県道18号布施佳沢線を跨ぎ、住宅街を高架と築堤で抜けながら大和ヶ丘駅へと到着する。大和ヶ丘駅を出発し都市計画道路として整備中の橘4・5・35号ニュータウン幹線を越えると、橘市の丘陵地帯の起伏が顕著になり、三輪県南部の山岳地帯を右手に見ながら橘第一トンネルを抜ける。トンネルを抜けると爪迫川を越え、再び橘第二トンネルを抜け、橘ニュータウンの現在の玄関口である橘学園駅へ。この先はすぐに襟が谷トンネルに入り、緩やかな右カーブを描きながら下り勾配が続き、再び左に進路を変えながら襟が谷駅の地下ホームへと到着する。

歴史

2019年4月12日 当wikiが出来る。[1]

運行形態

現在の列車種別

メトロウインド号

線内唯一の有料座席指定列車。全列車全区間を6両ないしは8両の特定の編成で運行される。 全列車が八倉メトロ線直通列車として運行されており、襟が谷から中野上原までは快速急行と同じ停車駅である。

快速急行

現在の最速達列車。全列車全区間を8両編成で運行される。種別色は橙。 途中駅始発、終着はなく、全区間を通し運転する。(地下鉄直通列車を除く) 停車駅は中野上原、椿和新町のみであり、地下鉄線内では急行扱いである。 全列車が準急もしくは急行と接続しており、通過駅利用客の利便性も確保されている。 主に両端での乗り換え客を想定した都市間列車であるため、停車駅が大幅に絞られている。

急行

全列車が8両で運行される。種別色は赤。 停車駅は中野上原、綾和泉公園、椿和新町からの各駅。地下鉄直通列車も多く設定されている。主に椿和新町と綾和泉公園で準急との接続を行う。 早朝に椿和新町始発が3本運行されている。

準急

6両もしくは8両で運行される。種別色は緑。 中距離区間から鶴浜へのアクセスを目的としており、中野上原と綾和泉公園からの各駅に停車する。 綾和泉公園もしくは中野上原で地下鉄直通急行、椿和新町で急行もしくは快速急行と接続し、一部列車は津奈川もしくは綾和泉公園で優等列車の通過待ちをする。朝ラッシュ時には椿和新町~綾和泉公園間の各駅の輸送を担い、全列車が津奈川駅で急行・快速急行・メトロウインド号の待避を行う。

各駅停車

4・6・8両で運行される。種別色は青。 すべての駅に停車する、また唯一開業当初から現存し続けている種別である。 発車表および行先表示機では"各停"と案内される。 直通列車は8両、本線は8または6両で運行される。ただし支線運用との兼ね合いで早朝、深夜帯と限定的ながら本線を4両で運行する場合もある。 綾和泉公園、津奈川、椿和新町で折り返す運用が数多く存在する。

過去の列車種別

快速

1950年から1965年まで運行された優等列車であり、急行の登場とともに消滅した。停車駅は現在の急行に津奈川を加えたものであったが、乗客の要望で予定にない駅に止めたりと結構いい加減な運行をしていた。当時三輪県郊外は「ヒルがでる」「モスラの巣」「収容サイトがある」などの噂が立ちまくっており、乗客も少なく優等列車の設定そのものが経営陣の見栄レベルであったため、輸送指令もなかば黙認状態であった。しかしこのような小手先の親切心で乗客が増えるはずもなく、逆に「鶴急糞根性」などと揶揄され、鶴浜電気鉄道が急行に取って代わらせ、快速列車に関する記録を焚書するまでその迫害の歴史は続いた。

臨時列車

三輪海岸花火大会号

鶴浜付近の海岸で行われる花火大会のための上り臨時急行。停車駅は急行停車駅に椎名橋を追加したもの。

篠田川花火大会号

篠田川で行われる花火大会のための上り臨時急行。停車駅は急行停車駅に梅中村を追加したもの。津奈川に臨時停車することがある。

利用状況

シングルプレイのため乗客は皆無 2019年現在の最混雑区間は中野上原~桜寺間であり、ピーク時の乗車率は159%である。 市営地下鉄線の開業により中野上原~鶴浜間で並走する形になった為、最混雑区間であった椎名橋~鶴浜間は164%から126%まで下がった。

女性専用車

女性専用車が平日朝に設定されている。 対象となるのは午前7時20分から午前9時30分の間に鶴浜(地上・地下問わず)に到着するメトロウインド号以外の8両編成の列車の最後尾車両である。ただし鶴浜より先まで運行する列車は9:30の時点で女性専用車を終了する。ダイヤ乱れなどが生じた場合には、女性専用車の設定を取りやめる場合がある。 女性専用車には、女性客だけではなく以下のいずれかに該当する男性客も乗車可能である。

  • 体の不自由な男性客
  • 体の不自由な客(男女とも)の介助者として同行する男性客
  • 小学生以下の男児が単独で乗車する場合
  • 小学生以下の客(男女とも)の保護者として同行する男性客

駅一覧

駅名














接続路線 所在地
鶴浜駅



箱日本旅客鉄道: 藤戸・三輪野快速線鶴馬・三輪野緩行線
鶴浜市営地下鉄: 芝有線

三輪高速鉄道:三輪都市モノレール線

三輪県

縁恩ヶ浜区
椎名橋駅
他社直通運転区間 鶴浜市営地下鉄芝有線経由で以下の路線・駅まで
中野上原駅 鶴浜市営地下鉄: 芝有線(直通運転) 三輪県

中ヶ野区
桜寺駅
南穂台駅 穂台市
梅中村駅
綾和泉公園駅 津奈川市
つつじ野駅
津奈川駅 箱日本旅客鉄道: 鶴馬・三輪野緩行線
三九十九駅
椿和新町駅 鶴急電鉄:栗前線
大和が丘駅 橘市
橘学園駅
襟が谷駅 藤急電鉄:藤急本線 藤戸県 襟が谷市
  1. 「写真とかで振り返る鶴浜急行50年」鶴浜急行 2003年