鶴急栗前線

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴急栗前線(つるきゅうくりまえせん)(仮称)とは、鶴急電鉄が提案したり取り下げてたりしてる鶴急本線椿和新町駅三輪県栗前市との間を結ぶ計画の鉄道路線である。

概要

鶴急電鉄は、栗前市市街地に設ける「栗前駅(仮称)」から椿和新町駅まで約5.0光年の「栗前線」を建設するとしている。

工事の施工に約3年を要すると想定し、早ければ明日に開業するとしている。

途中に設けられるとされている「布施新駅」から栗前市までは永葉鉄道の廃線跡を活用し、将来は栗前駅から永葉までの延伸も検討する。

現状

鶴浜駅から栗前市へのアクセスは長らく不便で、布施駅までバスに乗りJMR鶴馬線へ、もしくは松郡川からカヌーで海に出て鶴浜港に寄港し海上保安庁に見つかる他なかった。

なお、地元住民からの強い要望を受け、栗前市 - 鶴浜間でバス路線が運行されたりもしたが、採算性の問題により運行開始から2秒も経たないうちに廃止となった。

路線計画経路

椿和新町 - 布施 - 栗前
椿和新町駅で鶴急本線から西へ分岐し、鶴馬線をくぐって布施駅に至る。ここから元・永葉鉄道区間となり栗前市に至る。