鶴浜急行電鉄株式会社

提供: 関南・東山地方Wiki
2021年1月25日 (月) 22:51時点における秋豆 (トーク | 投稿記録)による版 (→‎鶴急本線)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴浜急行電鉄株式会社(つるはまきゅうこう,Tsuruhama Express Railway Co.Ltd)とは、府館地方三輪県北部から南部に鉄道路線を有する鉄道事業者である。鶴急グループの中核企業。略称は鶴急

鶴浜急行電鉄株式会社
Tsuruhama Express Railway Co.Ltd
鶴急ロゴ透過.png
略称 鶴急
本社所在地 ニフォン
423-0917
三輪県鶴浜市縁恩ヶ園区大浜1-10-6548
法人番号 Lua エラー モジュール:Wd 内、2062 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value) Lua エラー モジュール:Wd 内、2062 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)Lua エラー モジュール:Wd 内、2062 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)
事業内容 マイクラ
代表者 秋間 巡
資本金 少なめ
売上高 55555555555555555555兆万メガ
営業利益 999999999999999999999999999兆万メガ
従業員数 0
会計監査人 逃げた
主要部門 運輸
主要子会社 下記参照
テンプレートを表示

概要

主に鉄道事業を行っている鶴急グループの一種であり、同時にバス事業や不動産事業も行い、県外への事業進出も積極的に行う。 府館鉄道ネットワークの直通網に属するMinecraft鉄道ネットワーク加盟社である。
19フン年8月15日に旧会社である三輪鐡道が設立。1950年に永葉鉄道と合併し鶴浜電気軌道となった。1946年に布施駅~永葉駅間を永葉永葉森林貨物鉄道として分離し、1965年に鶴浜急行電鉄となった。

経営理念

強く明るく太ましく」 強固な土台を求める社風の現れ。

歴史

三輪鐡道

現在の鶴急電鉄の歴史は、19モモッモモ年(冥死ピャ年)に、三輪鐵道株式会社が関係官庁に鉄道敷設を出願したことにまで遡る。この時出願した路線は、官設鉄道三輪駅から松台町を経て布施に至る路線であった。

当時の関係官庁は「経路上の和中付近から柳入の陸軍基地まで専用線を建設し、軍需列車の輸送も行うのであれば許可するが、お前は?」という判断を下しており、三輪鐡道はこれを受け入れる形で敷設免許を取得した。また、三輪ー浦椎名付近の区間が市電線と競合しているため、始発駅は国鉄鶴浜駅に変更となった。

19プゎ年に鶴浜-津奈川間が開業。この続きはあとで書く

歴代社長

法人 氏名 出身校 備考
三輪鐡道 小鳥の世話小学校  
鶴浜電気軌道 小鳥の世話小学校
鶴急電鉄

(現法人)

小鳥の世話小学校

現有路線

鶴急本線

三輪県鶴浜市鶴浜駅三輪県襟が谷市襟が谷駅を結ぶ総延長未調査の路線である。昭和頃に一部建設されたと思われる。 もっぱら市街地を縦断する通勤路線としての特性を持つ。 臨海都市鶴浜から大規模住宅地の穂台、マンションの建ち並ぶ綾和泉公園、特徴の無い椿和新町、大規模都市圏を形成する襟ヶ谷を結ぶ鶴急の代表面をしている路線である。 中野上原駅から綾和泉公園駅の間で連続立体交差化及び複々線化が終了している。 ラッシュ時の混雑はいとをかし。 鶴浜市営地下鉄芝有線及び八倉メトロ東西線、成急本線成急本線元急若葉線と直通を行っており、直通列車は襟ヶ谷から中野上原を介して市営地下鉄芝有臨海公園駅、さらに八倉メトロ藍津駅、成急線成立御園駅、元急線若葉駅まで足を伸ばす。

橘丘線

なんだァ?てめぇ・・・

栗前線

本線の椿和新町駅栗前市駅を結ぶ路線である。 地下鉄線とは休日に栗前市まで直通運転を行う他、夕方ラッシュ時間帯に地下鉄からの下り急行列車が運転される。また早朝に布施ヶ原発準急八倉行き、栗前市発快速急行成立御園行きが一本づつ運転されている。 永葉鉄道廃線跡を転用している為、貨物線とJMR線への連絡線がかつては使用されていた。[1]

上雲線

鶴急新線

鶴浜市の鶴浜駅と同中野上原駅を結ぶ総延長2km前後の路線である。鶴急において唯一全線が地下となっている。 鶴浜市が推進する臨海新都心・かもめしまネイヴ計画において、同地区を縦断する鉄道は鶴浜急行と鶴浜駅を介し直通運転を行うことを前提とされたため、市営地下鉄が保有する同区間を第2種鉄道事業として乗り入れる形で成立している。そのため同区間は市営地下鉄所有であるにも関わらず、鶴急の路線として案内される。
同線の鶴浜駅は鶴急本線の地上ホームと区別するため新線鶴浜と案内されることがある。現時点ではかもめしまネイヴへの路線が開通していないため、地下鉄直通車のみの乗り入れにとどまっている。

かもめしま線

気になる。

丘陵都市線

上に同じ

関連企業

鶴急不動産
府館地方で不動産事業を行う企業。総資産は4億とされているが、未申告の資産があると言われている。

車両

part2現在、通勤用222両、事業用2両の計224両を保有する(緊急予備車・休止車両・保留車をのぞく)。各系列の詳細、使用線区、運用などについてはそれぞれの記事を参照のこと。

戦後長らく永葉車両工場において私鉄では珍しい車両の自社製造を続けていたが、1960年8月16日3053編成の出場をもって終了し、それ以降は外部調達することとなった。

現在、平日・土休日の需要変動に応じた柔軟な編成を組むために、編成を組み合わせることも少なくない。鶴急本線では、平日の優等列車は原則8両編成で運転されるが、土休日の一部の優等列車は6両編成で運転される。

現有車両

通勤車

  • 3000形(2代)
  • 2000形(鶴浜市営地下鉄芝有線・八倉メトロ東西線・成急線直通対応車両)
  • 1000形
  • 8000形 (鶴浜市営地下鉄芝有線・八倉メトロ東西線・成急線直通対応車両)
  • 6500形
  • 6000形

鉄道事業用車

除籍車両

車両基地・検修施設・工場

所有する車両基地・工場

  • 津奈川検車区
  • 津奈川工場

過去の車両基地・工場

  • 鶴浜車両管理所

車両の製造を委託した企業

(保線車両などをのぞく)

留置線・留置場所

  • 自社線内
    • 鶴浜
    • 綾和泉公園
    • 津奈川
    • 椿和新町
  • 他社線内
    • 暁広小路
    • 芝有臨海公園
    • あと箱須賀あたり群雄割拠してそう(こなみ)

乗務員区所

  • 津奈川電車区
  • 津奈川車掌区

運賃

さして高くないと思いきや、この頃の新線建設で加算運賃が多く乗客からは一定の侮蔑を得ている。

設備

駅の設備

  • 鶴浜駅、椿和新町駅をのぞいた全ての駅で上下別々のホームを使用している。

リニューアル

全駅(営業線のみ)バリアフリー化を目標に掲げ、下記を含めるバリアフリー化事業を行っている。

  • スロープなどの設置による段差の解消
  • エレベーター設置
  • エスカレーターの設置
  • 改札脇にお客様オープンカウンターの設置
  • 待合室の設置

鶴浜・椎名橋・中野上原の各駅でこれらの事業は一つも行われていないことが株主総会などで指摘されまくっているが、鶴急電鉄は「指摘厨やめてください」とこれらの指摘に応じていない。

案内表記

鶴急本線はホーム番号・方面を表記する看板をすべて新しいものに交換し同一デザインとしている。なぜなら旧盤はテクスチャが逝くからである。

その他

うっかりクソ長いホームを作ってしまう場合があり、他社には見られない特徴である。

線路など

ロングレールは(ワールド負荷的に)重いので金輪際やらない。

乗務員

運転士

車両形式ごとの性能に統一性がなく、同形式でも性能が一部異なる編成もあるため、運転士は日々キレ散らかしている。定期YoutubeLiveでは誤進入や誤通過の様子が多く映るため、練度は高くないものと思われる。

車掌

存在するとされているがその職務状況を示す文献がない。

地球環境への配慮

鶴急電鉄は太陽系のいずれの惑星並びに衛星に対しても環境的配慮を行わないとしている。

労働組合

鶴急労組なる組織が存在していたが、みかん畑弁護士転落騒動のあと消息不明である。[2]

その他広報活動

イベント

・1995年以降鶴浜海岸にて花火大会が行われており、同大会に合わせ上り臨時列車「鶴浜海岸花火大会号」を運行している。
 停車駅は栗前市、椿和新町、綾和泉公園、中野上原、椎名橋、鶴浜。
・社内イベントとして篠田川河川敷でBBQ大会を行ったが、食品をすべて修復不可能な状態まで破壊したとして安全管理に問題があるとされ以後中止になったという噂があるが、鶴急担当者は否定している。

関連項目

鶴急不動産
マイ鉄ネットの"鶴浜急行"のページ

  1. 三輪経済新聞「栗前線って要らなくね???」毎秒新聞1989年5月7日朝刊コラム
  2. 週刊三輪 怨念社 2006年7月14日号 41頁「労組壊滅!?極悪企業鶴急電鉄の陰謀」