枷浜線

提供: 関南・東山地方Wiki
2020年10月19日 (月) 13:32時点における秋豆 (トーク | 投稿記録)による版 (→‎駅一覧)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

枷浜線(かせはません)は、成都県箱須賀市箱須賀駅三輪県鶴浜市縁恩ヶ浜区新鶴浜駅を結ぶ箱日本旅客鉄道(JMR箱日本)の鉄道路線(幹線)である。

全ての快速電車と一部の各駅停車は、箱須賀駅から中街道線電車線に乗り入れ(成枷線と共用)、成立駅へ乗り入れる。どちらが上りなのか定かではない。

枷浜線
基本情報
所在地 地球
起点 箱須賀駅
終点 新鶴浜駅
所有者 箱日本旅客鉄道
運営者 箱日本旅客鉄道
使用車両 205?E233?
路線諸元
路線距離 不明
営業キロ 不明
軌間 1067mm
線路数 複線
複線区間 全線
電化区間 全線
電化方式 直流1500V 架空電車線方式
閉塞方式 自動閉塞
保安装置 ATS-P
最高速度 95km/h
テンプレートを表示

概要

枷浜線は箱須賀市から枷浜市及び戸鳴市を経由し、鶴浜市に至る路線である。起点の箱須賀駅中街道線成枷線、終点の新鶴浜駅三輪野線府館新幹線に接続する。

成枷線が運行されている中街道線電車線に箱須賀駅から乗り入れて成立駅方面に直通運転する列車が多い(詳細は後述)が、線路名称上の区間内の新鶴浜駅 - 箱須賀駅間のみ運行する列車も多く設定されている。

枷浜線は、枷浜市から箱須賀市中心部、鶴浜市へのアクセス路線として機能するとともに、八倉都心から郊外に延びる複数の放射状路線と交差し、いわゆる環状路線としての機能も有している。したがって、郊外路線でありながら、割高な初乗り運賃の乗客も多いため、JRの前身である日本国有鉄道(国鉄)が運営していた時代から数少ない黒字路線であった。

府館新幹線の開業により、枷浜線は八倉近郊と新幹線のフィーダー路線としても機能することとなった。

運行形態

推測される枷浜線の運行形態を示す。

定期旅客列車

各駅停車と快速列車が運行されているのでは?。

以下に列車種別ごとの詳細をヌベヂョン。

快速

日中時間帯は1時間に3本運行されいる気がしており、すべての列車が成枷線に直通し、成立駅まで運転されている。

各駅停車

すべての駅に停車する種別で、終日運転される。日中時間帯は成立駅に乗り入れるが、朝・夜間帯は枷浜線内の折り返し運転が中心となる。TransportFeverでは藤戸行き特急(スーパー)ポリグリップ号の運行を恒常的に妨害した前科がある。

データ

路線データ

  • 路線距離(営業キロ):ホホホ
  • 管轄(事業種別)
  • 軌間:1,067mm
  • 駅数:モモ
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流1,500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 保安装置:ATS-P
  • 最高速度:95km/h

管轄を鶴浜支社と成立支社で取り合い、境界駅不明のまま両側に引っ張られたため全身断裂し無事死亡した。

駅一覧

ほぼ終日、成枷線成立駅からの直通運転を行っているため、便宜上、成立駅から記載する。





駅名 接続路線 所在地



成立駅 箱日本旅客鉄道中街道線成立線

成立急行電鉄成急本線国府線





弘和区
小森駅
刈田駅 太田区


箱須賀駅 箱日本旅客鉄道:中街道線・成立線

成立急行電鉄:成急本線

箱須賀市
このあた りはまだ決まって ない
大栗駅

戸鳴市
戸鳴駅
外間駅
生鳥駅
王谷原駅

餅米区
鴨野駅 中ヶ野区
岸羽駅
新鶴浜駅 箱日本旅客鉄道:藤戸・三輪野快速線鶴馬・三輪野緩行線府館新幹線