SR(速度計旅客鉄道株式会社)

提供: 関南・東山地方Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

SR(速度計旅客鉄道株式会社)(そくどけいりょかくてつどうかぶしきがいしゃ,英:SokudokeiRailwayCompany)とは、関南地方西部に本社を置き、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。略称はSR鳥丘県を主に鉄道網を展開している。SRグループの鉄道部門企業

概要

市街地の鳥丘県の鉄道網に大きく関わっており、県内では総延長最長である。

路線

中央線

瀬田駅から栄京駅を結ぶSRの主要路線である。関連企業Sanes製の新型車両が優先的に導入されており、高いサービス水準が求められている。

堅賀野線

成沢駅から若部駅を経由し、築ヶ波駅を結ぶ建設中の路線である。秋豆車輌製作所製S237形が導入されており、港湾と市街地を結ぶ為沿線住民の期待も高い。

空港線

成沢駅から中央線と併走し、瀬田駅を経由し谷海空港を結ぶ路線である。同線からの空港アクセス列車が多く運行されている。

中央支線

中央線の篠咲から分岐し、福泉寺までを結ぶ単線。中央線に乗り入れる運用もある。

使用車両

中央線・空港線

現在の車両
S233系:瀬田車両製造によって作られた車両。S235系の落成遅延によって急遽生まれた車両。空港線への乗り入れはしていない。
S235系:現在のSR最新型車両。故障に強い2重機器構成やバリアフリー設計によって現代的な車両になっている。中央線主力車両。
過去の車両
90形:国鉄時代に走っていた車両。1989年全車引退
S31系:試験的な意味合いが強く、旅客としての運用はめったになかった。2000年全車引退
S31系5000番台:S31系の試験結果をもとに製造された車両。80~90年代の中央線を支えた。2010年全車引退
S113系900番台:中央線の新性能化のために新技術を盛り込み投入されたが、故障続きのため普及せず。2017年全車引退
導入予定の車両
サロS239系900番台:S235系に組み込まれる形で導入される予定である。S239系に仕様を合わせている。2019年導入予定

堅賀野線

現在の車両
S237系:秋豆車輌製作所によって製造された、堅賀野線専用車両。
導入予定の車両
S239系:SR初めての拡幅車体の電車。S235系の技術を基礎に、さらに改良を加えた車両。2019年導入予定

中央支線

現在の車両
S101系:堅賀野線に投入予定であったが、路線建設の大幅な遅延により1編成のみが作られ中央支線への導入になった。

試験車両

現在の車両
S991系:S113系900番台を改造して製造された。新技術のテストを主に行っている。後継のS993系の導入決定により、まもなく引退予定である。
導入予定の車両
S993系:S235系を改造して製造される予定である。S991系で行っていた試験に加え、簡易的な道床や架線の検測もできる。2019年導入予定

公式発表

特急車両

中央線及び空港線に通勤及び空港アクセス特急の導入されることとなっている。停車駅及び車両は調整中であるが、平行する競合路線である瀬田電鉄への事実上の競争力強化プランと思われる。

特別車導入

2019年夏ごろをめどに、中央線及び空港線に特別車が導入されることとなっている。
特別車は、着席保証サービスによって、通勤、空港を利用する旅客をターゲットに計画された。
導入に際して、新しく特別車用の中間車を新造し、S235系に組み込む形となる
特別車は、製造予定のS239系に仕様を合わせ、サロS239系900番台として組み込まれる。